P1000272_convert_20120930093432.jpg

2017-11

いよいよ9月も終わりの - 2017.09.27 Wed

9月30日、やっとタモリが高知にやって来ます。
欠かさず見ているわけではありませんが、ようやく高知の番がやって来ました。
こんな幟?幡を見つけました。

IMG_0120_convert_20170927170926.jpg


前回は3週に渡り高野山。
私たちが高野山に行った時、
高野山開創1200年を記念に合わせて170年ぶりに中門を再建している最中でした。
長い高野山の歴史の中で、全ての建物が揃っている時にタモリさんが訪ねたのも
感慨深いものがあります。

高野山は、高いところにあるので落雷が多く火災との戦いでもあったとのこと。
弘法大師が中国から投げた三鈷杵(さんこしょ)が
ここの松の木に引っかかっていたので、この地に高野山を建てたわけではなく、
なぜここに建てたかったのかがよく分かる、ブラタモリでした。

ブラタモリでは特別の許可を得て撮影が行われる場所がありますが
さすがに、奥の院、弘法大師御廟の撮影はできませんでした。

時間の都合で金剛峰寺の中のお参りはしていないので、また行って見たくなりました。

突風が吹いた! - 2017.09.19 Tue

いささか遅れましたが、昨日は台風一過の青空が広がり
湿度は低いもののとても暑い一日となりました。
周りに白い雲が浮かんでいたり、電線もありますが、青一色の写真が撮れました。

IMG_0115_convert_20170919192153.jpg

今年は、久しぶりにレモンが実り、収穫まで後一歩。
台風にもめげず元気に育っています。

IMG_0118_convert_20170919192222.jpg

さてさて、台風18号ですが、高知県に爪痕を残して去って行きました。
17日の午後3時ごろ突然大雨が降り出したので雨戸を閉め、
パソコンも落としました。
今までの台風よりも大きな感じがしたので、4時ごろにお風呂に入り
6時ごろには夕飯の支度も終わっていました。

そろそろ早めの晩御飯を食べようかな?と思った時
とるぜいん家が揺れました。怖かった!!!
それまでも、家が風で少し軋んではいましたが、ぐらっと揺れて
まさかの地震か?と思いました。
結局、気象台でも原因は特定できませんでしたが
民家の駐車場が吹き飛ばされ、隣の家の瓦が割れるなどの被害がありました。

それでも9時前にはコオロギがころころ鳴いて台風が去ったことがわかりました。

激しい風雨が吹き荒れ始めました - 2017.09.17 Sun

ここのところ、台風来るぞ来るぞとおどかされは肩透かしを食らっていました。
18号もまたか?と思っていました。

昨日来るはずが、今日未明とか朝とか言いつつ
風も吹かず、雨も大したこともなかったのですが
先ほど突然、台風らしくなり、あわてて雨戸を閉めました。

これからパソも落とし、台風が通り過ぎるのを静かに待ちたいと思います。
進路にあたるみなさま、十分お気をつけください。
結構な風です。

鰹づくし - 2017.08.24 Thu

本日のカテゴリーはあえて高知。

お待ちかねのお料理 ワインとのマリアージュが楽しみです。
そして、今回出されるワインの中には、つい先日発表された
日本ワインコンクールで金賞・銀賞をとったワインが3本含まれているそうで、わくわくします。

まずは、アペリティフ(食前酒)、信州産シャルドネ 2016
華やかな香りと果実味あふれる味わい 辛口

一杯目から美味しい。薄く切ったパンといただきながらシニアソムリエのお話を聞きました。

アミューズ3種 ピンチョス仕立て
鰹のチチコのコンフィーとアボカド 酒盗と胡瓜 鰹の葱味噌焼き
これには、塩尻メルロ ロゼ2015
爽やかな香りと生き生きとした酸が心地よい口あたり 辛口

お酒が飲めるようになった頃、初めてロゼワインを飲みました。
最近のロゼはスパークリングワインばかりで、あの時のワインは幻かと思っていましたが
本当に美味しいロゼワインを久しぶりに味わいました。お代わりしちゃいました。

チチコというのは鰹の心臓のこと、
ソムリエ曰く、東京でも1日1000匹以上の鰹が食べられているのに
チチコを食べたのは初めて、あの鰹のチチコはどこに行ったんでしょう?
と座を盛り上げてくれ、酒盗はまるでアンチョビのようですとおっしゃっていました。
私も、チチコと言う名前は聞いたことがありますが口にするのは初めて。
コリコリして美味しかった。普段なら食べられないような珍味に舌鼓を打ちました。

DSC_0702_convert_20170823075218.jpg

次は
鰹のカルパッチョ 和の香るフレッシュハーブソース
かつおが新鮮で、美味しい。ワインとも合います。

普通カルパッチョといえば、お刺身のように一口大に切ったお魚のイメージですが
今回は、薄切りではありますが、かなり大きな切り身でした。
下には、アスパラガス、上の薄い丸いものはリュウキュウです。
新鮮な鰹は全く生臭みがなく、こんな形のカルパッチョは初めてでした。

DSC_0704_convert_20170823075239.jpg

そして鰹のヴァントル フレッシュトマトソースとバルサミコヴィネガーソース
ヴァントルとは高知で言うところのはらんぼ⭐️のことです、と言う説明に、皆納得です。
マグロで言うところのトロに当たるところで、酒飲みにはたまりません。
父もよく食べていました。
少し甘めのソースにバルサミコ酢の酸味がほどよく利いてこれも美味しかったです。

DSC_0705_convert_20170823075301.jpg

このあとも赤ワインが続々登場します。
頂いたメニューを見なが書いています、細かいツッコミはご遠慮ください(笑)

高知大丸あゆみ 写真展 - 2017.08.14 Mon

昭和22年、帯屋町商店街で産声をあげた高知大丸。
催事を控え、いつもよりもたくさんの商品を取り揃えていた大丸が
火災で、一瞬にして灰になるというという不幸に見舞われましたが
昭和30年、今の場所に移転し、大変な時期もあったようですが
高知では1店舗しかないデパートとして頑張って70年。
子供の頃、屋上の観覧車に乗って震えている写真が懐かしいです。
その頃はすももも生まれてなくて、お母さんを独り占め?

その70周年を記念して高知新聞で紹介された写真展があたので
昨日出かけてきました。
昔はエレベーターガールが、上に参りますと言っていましたね。
平成になってからの大丸の受け付け嬢の制服が展示されていました。
新しい大丸がオープンした頃は、街に人が溢れて活気にあふれていました。

覚えていること、忘れてしまったこと、いろいろ懐かしい写真が展示されていました。
70年も経つと高知県民の歴史とともに歩んできたんだなと思う写真展でした。

朝一で出かけたので、写真展に来ている方はたくさんいたのに
せっかくのイートインコーナーのテーブルに座っている方は・・・

こちらは高知新聞の記事


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

すももと小夏

Author:すももと小夏
すもも:食べるの大好き!!
小夏:花と家庭菜園、ときどきハンドメイド♪

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

グルメ (211)
高知 (460)
お遍路 (167)
家庭菜園 (89)
簡単料理 (89)
お菓子 (123)
手作り (46)
旅行 (119)
北欧 (22)
別府・由布院 (10)
淡路島 (6)
愛媛 (8)
京都 (20)
鳥取 (8)
自家製 (21)
花・木 (170)
パスタ (24)
パン (16)
ハンドメイド (59)
日々の徒然 (471)
映画 (28)
未分類 (300)

月別アーカイブ

来てくれてありがとう !!

Thanks! your access !!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード