FC2ブログ

鯖の姿寿司

IMG_0873_convert_20190112164756.jpg
すみません、新年早々インフルではありませんが風邪をひいてダウンしていました。
世間ではインフルエンザが流行っているようです。
お気をつけください。

皿鉢が出たので、当たり前に食べていたので普通だと思っていましたが
ちょっと違うお料理のお話を。

皿鉢に必ず張っている入っているのが鯖の姿寿司。
皿鉢の真ん中に、ど〜んと丸々一匹、鯖の姿寿司が入っています。
たまにカマスが入っているものもありますが、姿寿司の入ってないのは皿鉢ではありません。

今回、いとこの二人の女の子が我が家に初めて来て
皿鉢初体験でした。初めてみるみる皿鉢は豪華に見たようです。
で、姿寿司を見るのも初めてで、思いがけない行動に。。。

次女が
鯖の頭に興味を持ち、お皿に入れて渡すといきなり頭というか口を掴み
鯖の口を開きました!!!えェェェ・・・
怖くないの?全然。
そしてお正月ということで飾りについていた扇を突然口に突っ込みました!!!

思春期のお嬢さんですから、初めての家で緊張するのではと息遣いは不要でした(笑)
で、その場でインスタにあげました。見せてもらったけれど
インスタはよくわかりません。彼女たちに言わせると
ツイッターよりインスタの方が簡単だそうです。

ついでに尻尾もあったので頭と尻尾で尾頭付きの写真を撮りました。

高知には蒸し題(むしだい)という、鯛を丸々一匹開いておからを詰めたものがあります。
これを皿鉢に盛り付け取り分けて食べます。
結婚式や、おめでたいお客に欠かせないものです。
で、我が家だけかな?ここ数年作ったことはないんですが
勝手に蒸し鯖と呼んでいるんですが、鯖におからを詰めたものをお正月に
祖母がよく作っていました。
時々、シメサバのお刺身というか切り身に、
お寿司の代わりにおから(おたま)を詰めた?握った「たまずし」というのもあります。

お正月にはあまり出て来ませんが、大皿(皿鉢)に入ったおそうめんも大人気です。

https://www.sansuien.co.jp/banquet/catering.html

もう一つ、皿鉢に欠かせないデザートに羊羹があります。
羊羹といっても、ピンクや緑の水羊羹で、卵白を泡立てた白雪羹が必ず入っています。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply