FC2ブログ

櫛田神社と串田餅

川端商店街の近くに、博多の総鎮守・総氏神として古くより親しまれている櫛田神社。
福岡市が主催しているわけではなく、あくまで神社の夏祭り(奉納神事)です。

神社の入り口に串田餅の幟が立っていて串田餅を売っていました。
そういえば、ブラタノリでタモリが食べていましたね。
一個だけ買ったら、おばちゃんになぜ二個買わないの!と怒られた!

IMG_0974_(1)_convert_20180724132500.jpg

IMG_0972_convert_20180724131734.jpg

食べると、太宰府で食べた梅ヶ枝餅と似ているというかあまり変わらない。
粒あんだし、丸めたお餅を焼いてるし。
調べてみたところ、こちらの焼き餅屋さんの先代が、
梅が枝餅屋さんで手法を学び、販売されるようになったとのこと。
そういうことだったのね。

櫛田神社は由緒ただしきお宮ですが、思ったほど大きな神社ではありませんでした。
敷地も広く、社殿も立派ですが参道は狭く、ぱっと見は普通の神社でした。

IMG_0973_convert_20180724131937.jpg

IMG_0979_convert_20180724131910.jpg

ここに九州朝日放送の背の高い飾り山笠が奉納されて年中見られるそうです。

IMG_0975_(1)_convert_20180724133236.jpg

また鍵のかかった格子戸の中に、古いお神輿と
大きな獅子頭も安置されていて、7年に一度だったかな?(忘れた)
今でも現役のお神輿と獅子頭が3体ありました。
獅子頭は、やはりトラウマなのか怖かった!!!

庭の中央に棒が立っていて、本番の山笠はここをめがけて
走るようです。

IMG_0976_convert_20180724132105.jpg

で、桟敷席が設けられていて無料でお祭りを見られるようで
通りすがりの方に、15日、ぜひ本番をここで見ていってくださいと強く勧められました。

だけど、急ぐ旅ゆえ、通りに出て来ると浴衣の男衆たちが交通整理
地元の見物のおばあさんが若い男の方の一緒に写真を撮ってもらい
若返ったと喜んでいました。
そして、そこである「流・ながれ」の集団が走ってきました。
流れとは、おのおの氏子の集団です。(阿波踊りの連みたいなものかな)
この時の写真が昨日の最後の写真です。

そして、そのあと、近くにいたお巡りさんに太宰府に行く道順を教えてもらったところ
この近くには地下鉄の駅がなく、駅行きのバスもないので
この暑さゆえ、歩くのは大変だからとタクシーで行くよう勧められました。

このタクシーをつかまえるのがまた大変で、タクシーはいるんだけど予約ばかり
ようやく見つけたタクシーで地下鉄の駅に到着しました。
道は大渋滞です。
スポンサーサイト

Comments 2

くじびき はずれ  
昭和

博多名物のテントの文字が右からと言うのが懐かしく素晴らしい。

2018/07/24 (Tue) 21:43 | EDIT | REPLY |   
小夏  
くじびき はずれ さんへ

おぉ、気がつかなかったよ。最近見かけませんね。こういう書き方。
ノートを取るときは左から右ですが、基本、日本語は右から左でしたね。

2018/07/25 (Wed) 10:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply