FC2ブログ

西日本豪雨で最も雨が降った高知県で被害が小さかった理由とは?

先日の大雨に続く猛暑に辟易し、しばらくブロクをお休みしていました。
ここのところの猛暑で、パソコンの前に座るだけで汗が吹き出て困ってしまいいますが
私はいたって元気ですので安心してください。
そして、昨日、一昨日と福岡に出かけておりました。
福岡も暑かった!!!
この時の様子もおいおいブログに書きたいと思っています。

でもその前にちょっとだけ今回の大雨について書かせていただきたいと思います。
昭和40年頃の高知は台風常襲県、大雨も降って高知市を流れる鏡川がよく氾濫していました。
当時の市長さんが革新系の市長で市民の受けもよかったのですが
ある時、大雨が降って「自分の身は自分で守ってください」と放送し
市民はどうしていいかわからなくなったそうです。
その後その市長さん、苦渋の決断とやらで結局自衛隊を要請しました。

ある時、父が鏡ダムには神様のような人がおって、水をコントロールしていると
いっていました。
これって都市伝説かと思っていましたが、本当のお話でした。

度重なる水害で、鏡川始め護岸工事に力を注ぎ、過去のデータに基づき
雨の量を見て手動で水を流す量、貯める量を微妙にコントロールしているそうです。
もしかしたら、100年に一度の洪水や渇水にも耐えられると科学の粋を集めて作られた
早明浦ダムもなんども危機的状態になっていますが、
ここが溢れたとは聞いたことがあまりありません。
ここにも神の手を持った職員がいるのかもしれません。
人の力をなめたらいかんぜよ。

やはり、備えあれば憂いなし
今回このことが証明されました。

西日本豪雨で最も雨が降った高知県で被害が小さかった理由とは?

スポンサーサイト

Comments 4

あいうえだぁ  
水害は地震とは違います

地震に備えるには、地震予知はまだまだ問題アリですけど
洪水氾濫に関しては、早くから予測できそうです。
30年前とは気候が違うということを肝に銘じて
警報を発令する側も、受ける側も、防げる事故は防ぎましょう。

2018/07/15 (Sun) 23:26 | EDIT | REPLY |   
小夏  
あいうえだぁさんへ

今回の水害で、洪水でしたっけ?
そのハザードマップは浸水した場所と大体一致するといっていましたね。
人間、慣れとか経験ほど恐ろしいものはないと思いました。
これかもこんなことがあるかもしれません。
私たちは大きな地震の経験がないので、
津波が来るといわれてもイマイチなところがあります。
お互い気をつけましょう。

2018/07/16 (Mon) 15:11 | EDIT | REPLY |   
ka-min  

鏡ダムが出来る前?出来てから?忘れましたが2年連続で使った

今回のブログテーマ
σ("ε";) ボクも同じやとo(*^▽^*)oあはっ♪

2018/07/17 (Tue) 03:53 | EDIT | REPLY |   
小夏  

多分同じころ神田に住んでいた親戚も2度浸かりました。
こういうことこそ声を大にして、政府や自治体に伝えて欲しいニュースです。

2018/07/17 (Tue) 15:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply