FC2ブログ

空飛ぶタイヤ 2

昨日も今日も雨 アメ あめ・・・
ただ、気温が低めなので梅雨時なのに蒸し暑くないので救われます。

さて、映画 空飛ぶタイヤ ですが
池井戸さん原作、待望の初映画化です。
徹子の部屋に出ていたTOKIOファンのすももが、急に行きたくなったようです。

半沢直樹と似ているようで似ていない。

このドラマは、ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故 からドラマは始まります。
大きく3つのグループから構成されています。
脱輪事故を起こした中小企業、赤松運送。ここの社長が長瀬君
そして事故を起こした車を作るホープ自動車、ここの販促課長がディーン・フジオカ
で、ホープ自動車を支援する同族のホープ銀行、ここで稟議を担当するのが高橋一生。

このドラマの主演は一体誰なのか?ディーン・フジオカの演技が光って
絶対彼が主演だと思う(ハート)
最後の一生君の笑顔、忘れられません、キュンキュン!
破顔一笑とはこういう笑顔を言うんでしょうね。

このお話は、実話に基づいて書かれています。
そういえば脱輪したトレーラーのタイヤでお母さんが亡くなったニュースがありましたね。

この映画がどこまで実話かわかりませんが、
脱輪事故は赤松運送の整備不良で片付けられそうになりますが
池井戸さんらしく一発逆転です。

ホープ自動車に勤務するディーン・フジオカ演じる沢田課長の動きがとても池井戸さんらしく
ホープ銀行は半沢直樹を思い起こさせるような場面もあります。
脇役も素敵でした。
池井戸さんらしい水戸黄門を思わせる面白い映画でした。
見て損はないですよ。




スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply