P1000272_convert_20120930093432.jpg

2017-11

鰹づくし - 2017.08.24 Thu

本日のカテゴリーはあえて高知。

お待ちかねのお料理 ワインとのマリアージュが楽しみです。
そして、今回出されるワインの中には、つい先日発表された
日本ワインコンクールで金賞・銀賞をとったワインが3本含まれているそうで、わくわくします。

まずは、アペリティフ(食前酒)、信州産シャルドネ 2016
華やかな香りと果実味あふれる味わい 辛口

一杯目から美味しい。薄く切ったパンといただきながらシニアソムリエのお話を聞きました。

アミューズ3種 ピンチョス仕立て
鰹のチチコのコンフィーとアボカド 酒盗と胡瓜 鰹の葱味噌焼き
これには、塩尻メルロ ロゼ2015
爽やかな香りと生き生きとした酸が心地よい口あたり 辛口

お酒が飲めるようになった頃、初めてロゼワインを飲みました。
最近のロゼはスパークリングワインばかりで、あの時のワインは幻かと思っていましたが
本当に美味しいロゼワインを久しぶりに味わいました。お代わりしちゃいました。

チチコというのは鰹の心臓のこと、
ソムリエ曰く、東京でも1日1000匹以上の鰹が食べられているのに
チチコを食べたのは初めて、あの鰹のチチコはどこに行ったんでしょう?
と座を盛り上げてくれ、酒盗はまるでアンチョビのようですとおっしゃっていました。
私も、チチコと言う名前は聞いたことがありますが口にするのは初めて。
コリコリして美味しかった。普段なら食べられないような珍味に舌鼓を打ちました。

DSC_0702_convert_20170823075218.jpg

次は
鰹のカルパッチョ 和の香るフレッシュハーブソース
かつおが新鮮で、美味しい。ワインとも合います。

普通カルパッチョといえば、お刺身のように一口大に切ったお魚のイメージですが
今回は、薄切りではありますが、かなり大きな切り身でした。
下には、アスパラガス、上の薄い丸いものはリュウキュウです。
新鮮な鰹は全く生臭みがなく、こんな形のカルパッチョは初めてでした。

DSC_0704_convert_20170823075239.jpg

そして鰹のヴァントル フレッシュトマトソースとバルサミコヴィネガーソース
ヴァントルとは高知で言うところのはらんぼ⭐️のことです、と言う説明に、皆納得です。
マグロで言うところのトロに当たるところで、酒飲みにはたまりません。
父もよく食べていました。
少し甘めのソースにバルサミコ酢の酸味がほどよく利いてこれも美味しかったです。

DSC_0705_convert_20170823075301.jpg

このあとも赤ワインが続々登場します。
頂いたメニューを見なが書いています、細かいツッコミはご遠慮ください(笑)
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula5555.blog66.fc2.com/tb.php/2334-a78b7ded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

塩尻ワイナリー×TOSA×クラパレ 後編 «  | BLOG TOP |  » 塩尻ワイナリー×TOSA×クラパレ

プロフィール

すももと小夏

Author:すももと小夏
すもも:食べるの大好き!!
小夏:花と家庭菜園、ときどきハンドメイド♪

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

グルメ (211)
高知 (460)
お遍路 (167)
家庭菜園 (89)
簡単料理 (89)
お菓子 (123)
手作り (46)
旅行 (119)
北欧 (22)
別府・由布院 (10)
淡路島 (6)
愛媛 (8)
京都 (20)
鳥取 (8)
自家製 (21)
花・木 (170)
パスタ (24)
パン (16)
ハンドメイド (59)
日々の徒然 (471)
映画 (28)
未分類 (300)

月別アーカイブ

来てくれてありがとう !!

Thanks! your access !!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード