P1000272_convert_20120930093432.jpg

2017-06

キラメッセ室戸 鯨館 - 2017.03.21 Tue

三連休はお天気にも恵まれ、絶好のお墓まいり日和?
行楽日和でした。
特に、日曜日は西に東に道が混んでいました。

日曜日に、我が家のお墓まいりと、何年振りかの母方のお墓まいりに行って来ました。
いつもと違う道を通ったら、田舎なのに迷子になってしまいました。
きっとご先祖様も苦笑い、小高い丘の中腹にあって、南向きに立てられた墓は
太平洋を見下ろす絶好の場所にあります。

せっかくここまで来たのだからと、リニューアルされた室戸のキラメッセまで
足を伸ばしました。

こちらの道の駅も人で大混雑、多分しきび(高知では樒のことをしきびという)
が売り切れて、おじさんが軽トラいっぱい運んで来たところでした。

隣に新しくアイスクリーム屋さんができていて
お弁当屋さんも併設されていて、唐揚げやらコロッケも売っていて
その場で暖かいお弁当を食べることができます。
駐車場で、太平洋を見ながらお弁当食べている方がたくさんいましたよ。

道の駅の隣の鯨(🐳、winで見られるか、絵文字)館に入って見ました。
鯨で栄えた室戸ならではの展示です。

昔は「高見」と呼ばれる小高い丘の上から海を見下ろし
鯨を見つけると、鯨の種類や大きさを旗で知らせ、船団を組んで鯨を囲い込み
捕鯨を行ったそうです。

室戸の村々で船団を組み、捕鯨をしていたんでしょうね。
たくさんの道具(大きな鉈や、剣のようなもの)やお寺に奉納された
捕鯨の様子を描いた絵が展示されていました。

復元されたとても彩り豊かな船と鯨の骨の模型が印象的でした。
こんな小さな船で?と思ったら船団を組んで川に追い込んで捕まえるそうです。
室戸のお寺には鯨の供養塔があり、なんと鯨の位牌まであるそうです。

捕まえた鯨は、肉や油、ヒゲに至るまで使われ捨てるところがありません。

ビデオを見ることができ、ペリーが浦賀に来たのも
捕鯨船の給油場所を探していたといっていました。
そのころ活躍したのが、あのジョン万次郎です。

で、一度入ると無料の入場券をくれたのでまた機会があれば
またゆっくり見学したいと思います。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

大丈夫

🐳、winで見られました。

「高見」からクジラを見ていた人は目が良かったのでしょうね。


くじびき はずれ さんへ

見られてよかった!
以前は、絵文字やローマ数字がよく文字化けして見られないといわれ
文字だらけになっていました。
これからは、時々使ってみようと思います。

高見
これは少し経験を積んだ若い衆の花形の仕事だったようです。
遠くまでよく見えて、鯨の種類も判別できて、いろいろ知識がいるので。
ここを卒業してかどうかはわかりませんが
一番の力仕事は、命がけで鯨を仕留める役で、
「手形を切る」という大仕事が一番すごかったみたいですよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula5555.blog66.fc2.com/tb.php/2263-0cd09aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

文旦ピール «  | BLOG TOP |  » Le Bistro TASHIMA

プロフィール

すももと小夏

Author:すももと小夏
すもも:食べるの大好き!!
小夏:花と家庭菜園、ときどきハンドメイド♪

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

グルメ (207)
高知 (442)
お遍路 (167)
家庭菜園 (88)
簡単料理 (87)
お菓子 (121)
手作り (44)
旅行 (100)
北欧 (21)
別府・由布院 (10)
淡路島 (6)
愛媛 (8)
京都 (11)
自家製 (20)
花・木 (166)
パスタ (24)
パン (16)
ハンドメイド (58)
日々の徒然 (450)
映画 (26)
未分類 (296)
鳥取 (8)

月別アーカイブ

来てくれてありがとう !!

Thanks! your access !!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード