P1000272_convert_20120930093432.jpg

2017-04

刺繍を学ぶ - 2015.05.05 Tue

皆様連休をいかがお過ごしでしょうか?
雨が降ったり、異常に暑かったり爽やかと言いがたいお天気ですが
久しぶりに爽やかな5月の青空が広がりました。

10日まで香美市立美術館で、刺繍をまなぶという
ちょっと変わった展覧会が開かれています。
女子美のOGや女子美術大学の協力で開催された展覧会だそうです。

img002_convert_20150505111309.jpg


皆さん、女子美と聞いて何を思い浮かべますが?
女流画家でしょうか。イルカ(シンガーソングライター)でしょうか?
実はとても歴史のある学校で、創立は明治33年だそうです。
そんな時代に、私立の女子の美術学校って凄いですね。
そんな美術学校ですが、明治に出来た学校ですから、意外なことも学んでいました。
それが、刺繍!!!

大正時代の卒業制作の作品や手芸本のはしりのような本。
母が作った「壽」を刺繍したふくさがあるのですが
その刺繍のデザインを作り方を書いた本とふくさは感動ものでした。
昭和天皇ご成婚のとき作られたコンパクトを二つ作り
一つは香淳皇后に贈られもう一つは大学に保存されています。

話がそれましたが、明治や大正時代に美術学校に進む女性は
華族やお金持ちのお嬢さんだったのではないでしょうか?
日本画のようなで刺繍で描かれた「すいかとブドウ」や、
日本画を刺繍で模写したものなど、想像を絶する作品が並んでいました。
創立して以来一貫して、日本刺繍に取組んでいる学校だそうです。
知らなかった。
震災後、陸前高田市の美術館で保存していた古い着物の修復も手がけています。
この時代の女子教育が家政科だけでなかったことに衝撃を受けました。

img003_convert_20150505111518.jpg


このポスターを見つけたとき、既にワークショップは終わっていましたが
知っていたら絶対参加していたと思います。

たまたま館長さんがインタビューに応じていました。
刺繍をするということは気の遠くなるような時間と根気が必要ですが
刺繍作家さんはそんなことを全く気にする事無く、楽しみながら刺繍をしています。
という言葉がとても印象的でした。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは
連休は何処へも出かけず~と近所だけ。

刺繍をまなぶ展覧会ですか~
刺繍の絵なんて素敵でしょうね。
また製作するのには気の遠くなるような時間がかかるんでしょうね。
いいものを見ましたね。

Carlos さんへ

おおむねお天気に恵まれたようですね。
今年は、掃除と衣替えの洗濯に追われたGWでした。


管理者にだけ表示を許可する

愛媛 結願 «  | BLOG TOP |  » こんぴら歌舞伎

プロフィール

すももと小夏

Author:すももと小夏
すもも:食べるの大好き!!
小夏:花と家庭菜園、ときどきハンドメイド♪

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

グルメ (205)
高知 (436)
お遍路 (167)
家庭菜園 (87)
簡単料理 (87)
お菓子 (120)
手作り (44)
旅行 (100)
北欧 (21)
別府・由布院 (10)
淡路島 (6)
愛媛 (8)
京都 (11)
自家製 (20)
花・木 (163)
パスタ (24)
パン (15)
ハンドメイド (58)
日々の徒然 (445)
映画 (26)
未分類 (293)
鳥取 (8)

月別アーカイブ

来てくれてありがとう !!

Thanks! your access !!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード