P1000272_convert_20120930093432.jpg

2017-06

19年に一度 - 2014.12.19 Fri

朝のテレビの受け売りです。

今年の冬至はいつかご存知ですか?
そう12月22日です。
そして19年に一度のとてもおめでたい「さくたん冬至」に当たります。
かれこれ5回程経験していますが(ゴラ〜〜)初めて聞く言葉です。
教えてくれたのは「今でしょう」で同じみの林先生。

さくたんとは「「朔旦」という字を書きます。
朔とは一日(ついたち)のこと、旦は朝という意味です。
八朔は八月一日、元旦は一年の始まりの朝という意味です。
随分と昔は、冬至が新年の始まりと考えられていた時代もあり
この冬至が旧暦の11月1日と重なると、一日のうちで一番日が短く
夜も新月で真っ暗。
そして日の出とともに、光が輝き始める
とてもおめでたい日と考えられていたそうです。

桓武天皇の時代から1000年程、宮中ではおめでたい日として
いろいろな行事が行われていたそうです。

ちなみに、クリスマスはキリストの誕生日。
これも、キリストの本当の誕生日なんて誰も知りません。
やはり、ヨーロッパでも冬至祭がありそれがキリストの誕生日となった?
と言う話を聞いたことがあります。
人の考えることは、洋の東西を問わす似ているということでしょうか。

青白い星の光だけで過ごす、一年で一番長い夜
冬至の日は柚子を浮かべたお風呂でゆっくり温まりたいと思います。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます。
19年にいちどの冬至だそうですね。
後19年後は生きているかな?

Carlos さんへ

長寿の家系の用ですから、きっと大丈夫でしょう。


管理者にだけ表示を許可する

ローズマリーツリー «  | BLOG TOP |  » サントノーレ

プロフィール

すももと小夏

Author:すももと小夏
すもも:食べるの大好き!!
小夏:花と家庭菜園、ときどきハンドメイド♪

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

グルメ (207)
高知 (443)
お遍路 (167)
家庭菜園 (88)
簡単料理 (87)
お菓子 (121)
手作り (44)
旅行 (100)
北欧 (21)
別府・由布院 (10)
淡路島 (6)
愛媛 (8)
京都 (11)
自家製 (20)
花・木 (166)
パスタ (24)
パン (16)
ハンドメイド (58)
日々の徒然 (450)
映画 (26)
未分類 (296)
鳥取 (8)

月別アーカイブ

来てくれてありがとう !!

Thanks! your access !!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード