P1000272_convert_20120930093432.jpg

2017-08

青二才 - 2014.11.25 Tue

高速が延伸したおかげて日帰り出来るようになった足摺岬。
それでも西のとっさきまで遠かったです。
3時間以上かけて38番金剛福寺へ。大きな亀がお出迎えです。
朝はたくさんのお遍路さんで混雑していたようですが
やっと一服した所だったのでゆっくりお参りすることが出来ました。

P1040770_convert_20141125165107.jpg

納経所で、ご本尊様の拝観をお願いしたところ、
住職さんが本来のお仕事でお忙しいとのことで、職員の方が案内して下さいました。
本堂の横の扉を開けて、入り口で塗香(ずこう)で身体を清め拝観です。
前仏様の前を通り裏に。
ここは、年に三回程本堂を開けますが、檀家様でもここまで入ることはありません
とのこと。
曼荼羅や仏様がいらっしゃるにもかかわらず、素通りして真ん中に。
おぉ、すらりと美しいご本尊、三面千手観音立像がいらっしゃいました。
650年前に作られた物で、数年前京都に修復に出し
金箔を張り光り輝く三面千手観音立像でした。
正面で手を合わせ、お顔は三面。
それはそれは穏やかなお顔をしていらっしゃいました。
自然と頭を垂れ、手を合わせていました。見ているだけで心が穏やかになりました。

そしてご本尊の左側に曼荼羅と脇仏。
28部集と呼ばれる仏達がご本尊様を囲むようにお守りしています。
こちらの仏様達も数体修復に出しているので、全部そろっていないとのことでした。
風神、雷神もいましたよ。
ここのお不動様は青いお不動さんで牙も生えそろっていない
まだまだ子どものいわゆる青二才のお不動様ですが、しっかり餓鬼でしょうか
自慢げに踏んづけていました。

にわか仏女には難しすぎる仏様の世界ですが、
曼荼羅には米粒ほどの仏様までいれると2万体もの仏様が描かれているそうです。
美術館で見るより近くで拝見出来、職員の方のお話もわかりやすく
この時に来られて良かったとしみじみ思いました。
仏像とは、美術館でかしこまってみるよりも、
お寺で拝見する方がありがたみが増すように思いました。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます。
仏像をま近で観られて、貴重な体験でしたね。
めったに見られない仏像を拝見でき、きっとご利益がありますよ!
遠くまでお疲れ様でした。

Carlos さんへ

奈良や京都でなくても文化財と呼ばれるものが身近にあることを知りました。
色んなことを考えるきっかけにもなりました。
1200年の特別の年はそう1う年だったのかも知れません。


管理者にだけ表示を許可する

ダンボ «  | BLOG TOP |  » 五里霧中

プロフィール

すももと小夏

Author:すももと小夏
すもも:食べるの大好き!!
小夏:花と家庭菜園、ときどきハンドメイド♪

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

グルメ (209)
高知 (451)
お遍路 (167)
家庭菜園 (89)
簡単料理 (88)
お菓子 (122)
手作り (45)
旅行 (108)
北欧 (21)
別府・由布院 (10)
淡路島 (6)
愛媛 (8)
京都 (11)
鳥取 (8)
自家製 (20)
花・木 (166)
パスタ (24)
パン (16)
ハンドメイド (59)
日々の徒然 (461)
映画 (28)
未分類 (297)

月別アーカイブ

来てくれてありがとう !!

Thanks! your access !!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード