P1000272_convert_20120930093432.jpg

2017-08

越後上布 - 2014.08.05 Tue

今朝は少し青空が見えましたが、すぐに曇ってまた雨・・・
今日はドカ雨ではないけれど、小雨が降ったり止んだり。
洗濯物が一向に乾きません。ついに奥の手の学生時代以来のコインランドリーか???

あまり雨ばかりでも気分が優れないので、ちょいと伝統織物のお話を。
日本にはその土地土地に伝統織物があります。
さほど詳しくはありませんが、茨城県の結城紬が出来上がるまでの
工程をテレビで見て感動しました。

越後のちりめん問屋は有名ですが、越後上布と呼ばれる織物があります。
冬の女性の重要な収入源だったそうです。
北越雪譜という書物は、江戸時代末期の越後の南魚沼の縮仲買商人鈴木牧之(ぼくし)
が書いたベストセラー。昭和50年代?にも一時ブームになりました。
その、北越雪譜にも越後上布の事が書かれています。
たくさんの模様が織れる機織りの上手な女性は嫁の引く手あまた。
器量は二の次と書かれています。
器用な人はいつの時代にも重宝されますね。
神社には、織り上がった糸を少しずつ残し、こんなに上手な布が織り上がりましたと
献上したそうです。古い布がたくさん保存されています。

織り上がるまでにはたくさんの工程と、人の手と時間がかかります。
原料は、麻。しかも糸を繋ぐのではなく寄り合わせます。
越後の冬の湿気が麻にはいいらしく暖房のない寒い部屋で織っています。
もし、見学出来るのあればこういう作業を見てみたいものです。

小千谷縮・越後上布 技術保存同人会

スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます。
織物ね~
私が小さい頃今から70年ほど前ですが、おばあちゃんが機織りをしていたのをおぼろげに覚えております。
伝統文化は何時までも残していきたいものですね。

Carlos さんへ

最近あまり浸かってないカテゴリーですが、
ハンドメイドのカテゴリーがあります。
織物は難しいですが、刺繍やパッチワーク、編み物等
手芸は見るのも作るの大好きです。


管理者にだけ表示を許可する

稲刈り «  | BLOG TOP |  » 久しぶりにお月様がでました

プロフィール

すももと小夏

Author:すももと小夏
すもも:食べるの大好き!!
小夏:花と家庭菜園、ときどきハンドメイド♪

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

グルメ (207)
高知 (451)
お遍路 (167)
家庭菜園 (89)
簡単料理 (88)
お菓子 (122)
手作り (45)
旅行 (100)
北欧 (21)
別府・由布院 (10)
淡路島 (6)
愛媛 (8)
京都 (11)
自家製 (20)
花・木 (166)
パスタ (24)
パン (16)
ハンドメイド (59)
日々の徒然 (460)
映画 (28)
未分類 (297)
鳥取 (8)

月別アーカイブ

来てくれてありがとう !!

Thanks! your access !!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード