P1000272_convert_20120930093432.jpg

2017-10

西川屋赤岡本店 - 2014.07.15 Tue

5月15日に紹介した西川屋さんのお店は正式には赤岡本店というようです。
昨日と今日、須留田八幡様のお神祭で赤岡の町に年に一度絵金の絵が飾られます。
そして、19、20日は絵金祭り。

今年は弁天座で行われる歌舞伎を友達と見に行く予定なので
初めて西川屋さんで和菓子とお抹茶をいただきました。

P1040554_convert_20140715165458.jpg

このお店に入るのは初めてです。
表からではわからない歴史の重さを感じるひと時でした。
ここは江戸時代初期、参勤交代の山内家が最初に泊まる宿があり
宿場町、門前町として栄えた町です。

そこで元々はそうめん屋だったようですがけんぴをはじめ
山内家に献上するお菓子を作るお菓子屋さんです。

お店の奥でお茶を飲める場所があり、その奥に二階建ての家が。
お殿様や身分の高い方を泊めるお部屋だったそうです。

その一階の昔の工房を改装して席席を作り
時々落語家さんを呼んで寄席も開いています。
雁屋哲さん漫画も展示されていました。
母屋の二階は展示スペースになっていて
山内家からのお菓子の注文書等を額装して展示してあります。
もちろん読めませんがほとんど漢字ばかりですが
読めるよう釈文も付いています。

そして絵金祭りにあわせこの時期だけ、改装のとき見つかった
絵金の時代に生まれた子どものために絵金さんに書いてもらった
幟(のぼり)が展示されていました。
およそ築370年、土佐の町家がしのばれるその作りは
大黒柱が7寸、障子には漆がぬられ、四季の花が描かれています。

時代が下って大正時代の一枚ガラスや切り子のガラス等
その時代時代の贅を尽くした作りに圧倒されました。

また、国道が出来るまで大通りだった道を
山内家の参勤交代のお行列が通ったり、坂本龍馬が通ったり
歴史ある町だと再確認しました。
老舗の底力を感じました。
西川屋赤岡本店
そんな事を思いながら、絵金さんのことを思いながら
絵金歌舞伎を見たいと思います。




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

今年はトマトが大豊作 «  | BLOG TOP |  » アンテナショップ 満天の星

プロフィール

すももと小夏

Author:すももと小夏
すもも:食べるの大好き!!
小夏:花と家庭菜園、ときどきハンドメイド♪

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

グルメ (211)
高知 (458)
お遍路 (167)
家庭菜園 (89)
簡単料理 (89)
お菓子 (123)
手作り (46)
旅行 (109)
北欧 (21)
別府・由布院 (10)
淡路島 (6)
愛媛 (8)
京都 (11)
鳥取 (8)
自家製 (20)
花・木 (170)
パスタ (24)
パン (16)
ハンドメイド (59)
日々の徒然 (470)
映画 (28)
未分類 (299)

月別アーカイブ

来てくれてありがとう !!

Thanks! your access !!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード