P1000272_convert_20120930093432.jpg

2017-07

十二年前のヤマモモ酒 - 2014.06.19 Thu

今日は久しぶりに青空が広がり気持ちのいい一日でした。
青空のもと、もう一度ヤマモモの写真を撮ってみました。

P1040508_convert_20140619162059.jpg

先日漬けた梅も赤身をおび、土用干しまで一休みという事で
床下に収納、で床下の瓶類の中に何やら怪しいものが・・・

ほこりをかぶったレジ袋の中から出て来たものは・・・
12年前に漬けたヤマモモ酒とやはり12年前に漬けた梅酒。
ラベルをみるとどちらも平成14年。
確か前の年、庭に植えたらどんどん大きくなって大きな実をつけたので
始めたヤマモモ酒を漬けたような気がする。
  ヤマモモ     1キロ
  氷砂糖      1キロ
  ホワイトリカー  1.8リットル  と書いてあります。

ヤマモモ酒は、漬けた当時真っ赤だったのが梅酒のような琥珀色に。
こちらはさらさらで、やっぱりまろやかで飲みやすくおいしい。
もちろん実も食べられます。
P1040511_convert_20140619181802.jpg P1040512_convert_20140619181836.jpg

梅酒は濁っていましたが、味はとてもまろやか。
さすがに梅は食べられませんでした。
智恵子抄の中の、死んだ智恵子の漬けた梅酒を飲む場面を思い出しながら
飲むのも一興かと。
 
 死んだ智恵子が造つておいた瓶の梅酒は
 十年の重みにどんより澱んで光を葆(つつ)み、
 いま琥珀の杯に凝つて玉のやうだ。


スポンサーサイト

● COMMENT ●

タイトルがつけられない

しかし、奥深い・・・

くじびき はずれ さんへ

ただただ驚きました。
5〜6年前台所のリフォームもしてるんですよ。
そのときなんで気づかなかったかと。
ここ数年は、ずっと古い梅干しだと思い込んでいました。
昨晩、梅酒を飲んだら、9時過ぎににダウン。
アルコールがまだ残っているんでしょうか?

年代物の山桃酒と梅酒、美味しいでしょうね。
田舎の家に(今は空き家ですが・・)昭和52年に造った梅酒が手つかずのままありました。
琥珀色をしておりましたが、飲んだらすごくコクがあり、まだ少し残っております。
焼酎にちょっと入れて飲んでおりますがとても美味しいです。

30年以上ですか。
やはり、いつまでたっても飲めるものなんですね。
深い色合いといい、まろやかさといい、時間がおいしい者を作るんですね。
来年また梅酒をつくり、10年後に飲んでみたいですね。


管理者にだけ表示を許可する

墨田の花火その後 «  | BLOG TOP |  » 死して屍拾う者なし

プロフィール

すももと小夏

Author:すももと小夏
すもも:食べるの大好き!!
小夏:花と家庭菜園、ときどきハンドメイド♪

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

グルメ (207)
高知 (447)
お遍路 (167)
家庭菜園 (89)
簡単料理 (87)
お菓子 (121)
手作り (44)
旅行 (100)
北欧 (21)
別府・由布院 (10)
淡路島 (6)
愛媛 (8)
京都 (11)
自家製 (20)
花・木 (166)
パスタ (24)
パン (16)
ハンドメイド (59)
日々の徒然 (456)
映画 (28)
未分類 (296)
鳥取 (8)

月別アーカイブ

来てくれてありがとう !!

Thanks! your access !!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード