P1000272_convert_20120930093432.jpg

2017-10

二泊三日高知の旅 四万十編 - 2013.05.30 Thu

この日一番のお楽しみは四万十川の川下り。
四万十川の川下りは、大きく分けて3ヶ所。
上流、中流、下流とありますが、二つの沈下橋が見られる中流を選びました。

まずは、遅咲きのヒマワリのオイープニングでも使われた
佐田の沈下橋
沈下橋とは増水時に川に沈んでしまうように設計された欄干のない橋のことです。

P1030697_convert_20130530124520.jpg

四万十川には、本流に21橋、支流に26橋あります。
この佐田の沈下橋は、最下流で最長の沈下橋。
全長は291.6m。幅員:4.2m 

P1030699_convert_20130530124557.jpg

この沈下橋をキャーキャー言いながら渡り切りました。
怖かった!
何で怖かったかと言うと、渡っている最中、
前からも後ろからも普通に車が来るからです。
車が来ると、端によけなければなりませんが
欄干が無いので落ちそうになるんです(笑)
ドラマを見て観光に来た人達が、飛び込んでいたようですが、
高所恐怖症の私は出来ません!

実はまず屋形船に乗るはずが、乗り場の場所がわからず迷子になってしまい
狭い、せまいくねくね道を行くはめになりこの道も怖かったです。

P1030695_convert_20130530124454.jpg

この佐田の沈下橋からみる四万十川と山の景色が
北欧のフィヨルドを思わせる美しさです。
今の季節、田んぼの水が流入するので透明度が低く
6メートルくらいしか見えないそうです。
冬が一番透明度が高く10メートルもあるそうです。

所々ペットボトルが浮かんでいたのですが、
川えびを獲るための仕掛けの目印だそうで
ゴミではありません。

P1030716_convert_20130530124626.jpg

四万十川が、日本一の清流と言われる所以は
ダムが一つもなく、大きな工場も無いので廃液も流入しません。
鮎、川えび、ゴリ、川海苔などすべて天然ものです。
自然豊かな川です。
向かいの席に座っていた女性が、手長えびが見えたと喜び
友人は、鮎でしょうか、さかなが跳ねる姿を見て大喜びでした。

P1030705_convert_20130530124647.jpg

約一時間の屋形船での四万十の川下りを楽しみ三里の沈下橋にもどり
安並の水車を見て、四万十市を後にしました。
安並の水車ももうすぐ紫陽花が満開となりそうです。
P1030717_convert_20130530124710.jpg

この日の川下り、観光バスも来ていて
安並の水車まで観光バスの後ろを走りました。
観光バスは、水車を車窓から眺め、狭い道をくるりと周り走り去りました。
さすがですね、運転の美味さに思わず拍手を送りました。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

二泊三日高知の旅 皿鉢編 «  | BLOG TOP |  » トンボ王国

プロフィール

すももと小夏

Author:すももと小夏
すもも:食べるの大好き!!
小夏:花と家庭菜園、ときどきハンドメイド♪

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

グルメ (211)
高知 (459)
お遍路 (167)
家庭菜園 (89)
簡単料理 (89)
お菓子 (123)
手作り (46)
旅行 (109)
北欧 (21)
別府・由布院 (10)
淡路島 (6)
愛媛 (8)
京都 (11)
鳥取 (8)
自家製 (20)
花・木 (170)
パスタ (24)
パン (16)
ハンドメイド (59)
日々の徒然 (470)
映画 (28)
未分類 (299)

月別アーカイブ

来てくれてありがとう !!

Thanks! your access !!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード