P1000272_convert_20120930093432.jpg

2017-10

読書の秋 - 2012.10.11 Thu

寄る年波には勝てず、本を読むのがおっくうになって久しいのですが
最近、図書館で本を借りる事を覚えました。
というか、本屋さんで立ち読みする事も少なく
近頃はめっきり本から遠ざかっていたんですが・・・

テレビドラマやラジオで紹介された本を時々読むよう心がけています。
ミーハーですね。

今読んでいる本は草なぎ君演じる「37歳で医者になった僕」
の原作、「研修医純情物語・先生と呼ばないで」

EPSON001_convert_20121011170551.jpg

どうしてこの本を読もうかなと思ったのは
この原作者である川渕圭一さんが、ラジオに出ていて
その話というか経歴にとても興味を持ったからです。

テレビドラマと原作は似ても似つかぬお話です。
彼は1939年医師の子供として群馬県に生まれ
父と同じ医師だけにはなるまいと、東大工学部に二浪のすえ合格。
たまたま上京した父とホテルニュージャパンで、
初めて親子の会話をしたその夜、父が火災で死亡。
かろうじて卒業、進学が決まっていた大学院には進学せず
パチプロに。
さすがに、それもまずいとその後就職活動をしてサラリーマンになるも
鬱病で退社、一念発起して京大医学部に入学し
医師になったと言う経歴の持ち主です。
しかも現在は派遣の医師として企業などの健康診断をし
作家と二足のわらじを履いています。

原作に出て来る研修医は男性ばかり、
指導医はドラマとはタイプの違う医師で、まだ教授は出て来ません。
研修医の名前やエピソードは似ていたりしますが
研修医の日常を綴ったもので、良くあんな話を作れた物だと
驚きました。
ま、小説ではないのでこんなものでしょう。

映画、天地明察も見たいのですが時間が合わず
せめて原作だけでもと思ったのですが現在貸し出し中。
戻って来たら読んでみようかと思っています。

文学とはほど遠い読書の秋です。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おどろいた

そのようなシーンでホテルニュージャパンがでてくるとは。
まさしく波乱万丈人生ですね。
私も読みたくなってきました。

天地明察の続編の光圀伝を図書館で予約してあります
さっそく純情物語も予約しようと思います

あいうえだぁさんへ

原作者のこれまでの経歴には私もびっくりしました。
実は10月8日まで某サイトで川渕さんのお話を聞く事ができて
とても静かにお話をされる方でした。

本よりこちらのお話の方が興味深かったです。
この本は2002年発行で今は絶版になっているようです。
図書館で探して下さいね。


管理者にだけ表示を許可する

スポーツの秋 «  | BLOG TOP |  » 冬瓜の海老あんかけ

プロフィール

すももと小夏

Author:すももと小夏
すもも:食べるの大好き!!
小夏:花と家庭菜園、ときどきハンドメイド♪

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

グルメ (211)
高知 (459)
お遍路 (167)
家庭菜園 (89)
簡単料理 (89)
お菓子 (123)
手作り (46)
旅行 (109)
北欧 (21)
別府・由布院 (10)
淡路島 (6)
愛媛 (8)
京都 (11)
鳥取 (8)
自家製 (20)
花・木 (170)
パスタ (24)
パン (16)
ハンドメイド (59)
日々の徒然 (470)
映画 (28)
未分類 (299)

月別アーカイブ

来てくれてありがとう !!

Thanks! your access !!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード