P1000272_convert_20120930093432.jpg

2012-01

琳派・若冲と雅の世界 - 2012.01.31 Tue

久しぶりに県立美術館で美術鑑賞をして来ました。
京都にある細見美術館の収蔵作品の展示です。
尾形光琳の名前は知ってていても、
絵は教科書に載っている風神雷神図くらい。

P1020180_convert_20120131183106.jpg

伊藤若冲は去年BSで嵐の大野君ナビゲーター役で
初めて鶏の絵を見て驚かされました。

最初の縁起物の絵巻で圧倒され、光琳の華やかな絵や仏教画、
屏風に描かれた酒井抱一の絵と、どれもきらびやかな絵が並んでいます。
抱一(ほういつ)が琳派の画家であることも知りませんでした。
酒井抱一の名前は、以前美の壺で櫛を特集していた時に
当時の女性の憧れの的だったことを覚えていて、なるほどと思いました。
櫛に美しい花の絵が描かれていて、通り過ぎて振り返ると
花の模様が続いていて、それがなかなか粋だったようです。

若冲の鶏のあのとさかの中に数えきれないほどの点々を見、
一枚の羽に数色の色を使い、すーと迷いなく伸びた線に感動。
鶏を描いた水墨画の屏風が何点か展示されていて
素描を沢山書いていたことがよくわかりました。
線に迷いがないんですね。
よくあんなに力強い線で一気に書けるのかと驚きます。

折しも昨日BS3で抱一の紅白梅図の番組を放送していました。
これを見てからこの展覧会に行くと
もっと深く鑑賞出来たかもかも知れません。
2月12日までやっているので、もう一回いきたいと思います。

写真はこの展覧会で展示されていたタペストリーです。

P1020181_convert_20120131183129.jpg

P1020185_convert_20120131183148.jpg

この金魚の絵はびっくりしました。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

すももと小夏

Author:すももと小夏
すもも:食べるの大好き!!
小夏:花と家庭菜園、ときどきハンドメイド♪

最新記事

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

グルメ (207)
高知 (451)
お遍路 (167)
家庭菜園 (89)
簡単料理 (88)
お菓子 (122)
手作り (45)
旅行 (100)
北欧 (21)
別府・由布院 (10)
淡路島 (6)
愛媛 (8)
京都 (11)
自家製 (20)
花・木 (166)
パスタ (24)
パン (16)
ハンドメイド (59)
日々の徒然 (459)
映画 (28)
未分類 (297)
鳥取 (8)

月別アーカイブ

来てくれてありがとう !!

Thanks! your access !!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード