P1000272_convert_20120930093432.jpg

2018-06

さしす梅酒 - 2018.06.08 Fri

昨年は梅の豊作でしたが今年はほとんどなりませんでした。
しかも、落ちる梅が半端なく、月曜日の朝雨が降らぬ前にと収穫しました。
計ってみると2キロにも足り前ん。
その中から、使える梅を選ぶと約1,5キロ。
をれを、800グラムと700グラムに分け
昨年覚えた、さしす梅酢と梅シロップを作りました。

梅シロップはいろんな作りまたがあります。
フォークで穴を開ける方法や、一晩凍らせてる方法です。
どちらも試してみましたが、フォークで穴を開けると
ジュースはすぐにでますが、アクも感じるのでやめました。

たまたま、埼玉の梅の里越生(おごせ)の梅園で梅シロップの作り方を
放送していました。
こちらは、一晩凍らせた梅に普通の白砂糖をふりかけるものでした。
これもいいかなと思うのですが
私は、昨年の氷砂糖が残っていたので、洗って乾かした梅に氷砂糖をまぶす
極めてシンプルな方法です。

この方法だと梅シロップができるまで時間がかかりますが
そのぶん美味しく感じます。

さしす梅酒は翌朝、梅エキスが沢山でていてびっくりしました。
梅シロップは、梅が丸々一個浸かる3センチほどのシロップができていますが
氷砂糖がほとんど溶けていません。

IMG_0625_convert_20180608164913.jpg

もう少し時間がかかります。

スポンサーサイト

お久しぶりです - 2018.06.04 Mon

水曜日の夜、叔父が急性心筋梗塞であっという間に他界したと
いとこから電話がありました。

実はもう一人末期がんで会わせたいたい人には知らせなさいと言われていた方がいて
その親戚かと思ったら、叔父でした。
その末期がんの娘から叔母のところに電話があっったのですが
そういうことで、そちらの安否?容体もいまだ不明というすごい状態です。

取るものもとりあえず、木曜日に出かけ土曜日の夕方帰って来ましたが
昨日はとりあえず必要な書類の検索をし、バタバタと1日が終わりました。
今日は、朝から母をかかりつけの病院に連れて行き
叔母からは、戸籍謄本がいると連絡が入り???
社会保険事務所に確認したり、住んでいるところと本籍地が違うので
まだまだいろいろバタバタしています。

心の準備もできてなかったし、揃える書類の準備も色々あって一つづつ片付けている状態です。
いとこも明日には東京に帰るので、叔母が一人でしなくてはならず
なくなった本人は一瞬であちらに行ってしまって楽チンですが
残された方はいろいろ不なれたことが多くまだまだ多忙ですので
コメント欄はお休みさせて頂きます。

とりあえずお知らせまで。

訃報 - 2018.05.17 Thu

ちょうど2時ごろヤフトピを開けたら。西城秀樹さん死去と出ていました。
?西城秀樹って誰???エェェェェェェ〜〜〜〜!!!
驚いてテレビをつけたら、あの「秀樹還暦・もとい秀樹感激のあのヒデキさん。

中三トリオ、新御三家と中学、高校時代見ない日はありませんでした。
お恥ずかしい話ですが、フォーリーブスの4人、
あの 「半分、青い。」のマグマ大使の江木俊夫と青山孝しかわからない
芸能音痴ですが、中三トリオと新御三家はよくわかります(笑)
友人が生の声が聞けると西城秀樹に電話をしたらヒデキの声がして
思わず、上ずりながら話をしたら留守電みたに勝手に喋り出して
がっかりしたそうです。

一時期趣味の園芸に出て、鍬の柄を青く塗って藤田先生を驚かせたことがありました。
この美味しい野菜を子供達に食べさせたいといい、とても驚いた記憶があります。
かつてのアイドル時代には考えられない言葉です。

健康のために、無農薬の菜園も営んでいたとか。

リハビリに励む姿、
お誕生日コンサートで体が思うように動かないからとYMCAを歌えない
いつか、傷だらけのローラをフルコーラスで歌いたいとか言っていましたね。
フルコーラスでは歌えなくても、曲も歌詞も着ていた服も覚えていますよ。
私たちの青春が一つ消えてしまいました。
余りに早い死にただただ驚くばかりです。

咸臨丸の歴史 - 2018.04.28 Sat

龍馬クルーズから一週間になります。

IMG_0901_convert_20180422155752.jpg

今更ですが、咸臨丸についてちょと。

咸臨丸の咸臨は、中国の易経に出てくる言葉で
上に立つ者、下にいる者、君臣が心で感じ合い、一致協力して事に臨んでいくこと。
それぞれが悦(よろこ)んで応じ合い、正しい道を行き、志を行う。そのゆえに吉なり。
という意味だそうです。

全庁9メートル、幅9メートル 100馬力で3本マストを持つの九蔵蒸気船です。
当時としては大きかったのでしょうが、大型の豪華客船にくらべると小さくて
よくあんな船でアメリカまで行けたものです。

咸臨丸といえば勝海舟ですが、この船には福沢諭吉やジョン万次郎も乗っていて
暴風雨に難航し、ひどい船酔いに悩まされ、指揮をとったのはジョンマンだったと
説明を聞きました。さすがは船乗りですね。

そして、1868年、戊辰戦争が起こり榎本武揚の指揮下東北へ向かう途中
銚子沖で嵐に会い、榎本艦隊とはぐれ伊豆の下田港に漂着。
そこで官軍と交戦になり多くの方が戦死しました。
その屍は数日海上に漂っていて、見かねたあの清水次郎長が
「死んだ後海上に漂っているのに顧みないのは人として忍びない」
とタンカを切り、きちんと埋葬したという逸話が残っているそうです。

1871年、明治政府に接収され、開拓使を乗せ北海道に向かいますが
9月、函館に寄港したのち津軽海峡で嵐にあい、
乗組員は全員救助されたものの咸臨丸は沈没したそうです。

こんな数奇な運命を辿ったのですね。知らなかった。

1984年(つい最近ですね?)キサラ沖で咸臨丸の錆びた錨が見つかったそうです。
現在キサラ岬(北海道 木古内)は公園になっているようです。
乗船時にもらったパンフレット並びに咸臨丸とはを参考にしました。

私たちが乗ったクルーズ船にも資料館があるそうですが、そこを見学する時間はありませんでした。
咸臨丸の船内の様子

桂浜の写真ですが、あそこに小さく龍馬像が写っています。
像の高さは5.3m,台座を含めた総高は13.5mあります。

IMG_0932_convert_20180422155851.jpg

桂浜で見上げると首がすくむ(疲れる)ほどの大きさですが
緑の中に緑青色の龍馬像が溶け込んで、あのあたりかなとは思っても
よく見えませんでした(笑)
中央の木の下あたりです。

市川海老蔵「源氏物語」 - 2018.04.15 Sun

年度末年度始めの忙しさに忙殺されている今日この頃でうが

4月7日 高知県民文化ホールで行われた
市川海老蔵特別公演「源氏物語」
第二章 〜朧月夜より須磨・明石まで〜 を見て来ました。

IMG_0020_convert_20180415095121.jpg


これは、2015年3月春に全国公演で7万3千人を動員した源氏物語の続編になります。
そして、この公演の千穐楽 いわゆるオーラスが高知公演でした。

昨年に弁天座での公演があったので、どうしようかなと思って迷っていたんだけど
行きたいと言ってくれる方がいて、チケット予約を聞くと
先ほど後援会の方が手放されたいいお席があるとのこと。
2列のお席を購入することができました。

小夏は源氏物語大好き人間ですが、すももはちょっと。。。。。
お話自体は難しくもありました。

前半は朧月夜と光源氏の恋をオペラと歌舞伎で、
後半は能と歌舞伎のコラボレーションを軸とした舞台でした。

弁天座で見たのとはまったく違う演出で、歌舞伎とは一味違っていました。
海老蔵も青年の光源氏を演じているため、声がいつも野太い声ではなく
若い美しい青年の声でした。

これぞ光源氏という素晴らしい舞台でした。

IMG_0021_convert_20180415095143.jpg


ブログにその時のことを書いてくれています。

海老蔵ブログ
海老蔵ブログ
海老蔵ブログ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

すももと小夏

Author:すももと小夏
すもも:食べるの大好き!!
小夏:花と家庭菜園、ときどきハンドメイド♪

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

グルメ (214)
高知 (474)
お遍路 (167)
家庭菜園 (93)
簡単料理 (89)
お菓子 (126)
手作り (47)
旅行 (127)
北欧 (22)
別府・由布院 (10)
淡路島 (6)
愛媛 (8)
京都 (20)
鳥取 (8)
山口・広島 (8)
自家製 (22)
花・木 (177)
パスタ (24)
パン (16)
ハンドメイド (59)
日々の徒然 (506)
映画 (32)
未分類 (303)

月別アーカイブ

来てくれてありがとう !!

Thanks! your access !!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード