P1000272_convert_20120930093432.jpg

2017-07

愛犬? - 2015.09.13 Sun

先月愛媛大学にちょっとお邪魔し
ミュージアムを見学した時、暑くて喉が渇き
こじゃれたカフェでアイスティーを飲み、いきあがりました。
いきあがる  祖母がよく使っていたた言葉。
例えば熱い時冷たいお茶、寒い時に熱いお茶を飲んで
ぐっと気持ちよくなったり、元気が出た時使います。

愛媛県には愛媛銀行があり、通称「ひめぎん」
で愛媛大学は普通にえひめ大学と思っていました。

じつは、もう一ヶ所立ち寄った場所があります。
そこは、大学の生協で教科書や愛媛大学で作った商品を置いてあります。
で、買って帰ったのがどら焼き。

それを見て、すももいわく、私は犬ではないよ!!!
私???

1442055166526_convert_20150913171053.jpg

そう、どら焼きの焼印の文字
「愛大」 愛媛大学の通称は「あいだい」というんですね。

「愛大」と「愛犬」 
 う〜〜ん、紛らわしい表記だワンワン!!!




スポンサーサイト

道後温泉 - 2015.08.28 Fri

午後は、高島屋にある陳健一さんのお店で麻婆豆腐と冷麺を食べました。

P1000007_convert_20150829181635.jpg

P1000006_convert_20150828143218.jpg


そして道後温泉へ。
真夏のお昼過ぎなのに沢山の観光客でにぎわっていました。
道後温泉本館の写真を撮ったら、丁度出て来たおじさんや
道を歩いている人が映り込み、写真は断念しました。
明治初期に立てられた、あの道後温泉につかり、坊ちゃん団子を頂き
漱石の間で、漱石直筆の則天去私のお軸や
松山中学の集合写真や奥様のお見合い写真等を見学

DSC_0205_convert_20150827161545.jpg

その後、またまた玉座を見学。

次に、又新殿(ゆうしんでん)と呼ばれる日本で唯一の皇室専用浴室を見学。
大正天皇が一回、昭和天皇が二回、その他皇族方が10回ほどはいられたそうですが
昭和30年頃を最後に利用がなくなったので、玉座やお風呂を公開しているそうです。
入り口の襖は銀で時間の経過ととも黒く変色し、
しらさぎが探し当てたと伝えられるしらさぎが白く浮き上がっています。
玉座のあるお部屋は二重天井になっていて風車の弥七が覗くようなことは出来ず
ふすまの奥には武者隠し、畳敷きに漆塗りのトイレもありました。

お風呂は、トラックのない時代トラックにも積めないような立派な
香川県産庵治石(あじいし)を使い。檜の板がついています。
このところ天皇家に関係の深いところにご縁があるようです。





まだまだ続く、夏休み - 2015.08.27 Thu

26日、午前中愛媛大学にちょこっと行って来ました。
大きな学会があったようで多くの人でごった返していました。

愛媛大学の構内にミュージアムがあります。
さすが国立大学ですね、入り口は普通なのに、中は広い広い!
そして設備の充実していること、残念ながら高知にこういう場所はないかも。
学内のミュージアムなのでもちろん入場無料。

P1000005_convert_20150828143057.jpg

(すみません、不慣れなもので正面玄関ではなく中庭の門でした)

「進化する宇宙と地球」,「愛媛の歴史と文化」,
「生命の多様性」,「人間の営み」の4ゾーン11コーナーの構成されています。
大きなアンモナイトの化石や、花崗岩等の石の化石は何となくわかりますが
地球の成り立ちや、大陸が出来る過程?だどちんぷんかんぷんです。

愛媛の歴史と文化では、遺跡の発掘の様子等の写真の展示。
ここはよくわかります。
8月からの常設展は四国遍路。
江戸時代や明治時代の納経帳や納め札、札入れなどを展示
古い四国の地図や、当時は88ヶ寺だけでなく
周辺のお寺も回っていたことがわかります。
当時は、まず高野山奥の院でお納経を済ませ四国を巡礼していたようです。
最初は一人でしたが、夏休みの高校生や中学生が見学に来ていました。

あまり人が入らないのか、中が暑くて辟易しました。
汗を拭き拭きの見学で、外に出ると風が涼しくて気持ちよかったです。

あまりに暑かったのでミュージアムのとなりのカフェでお茶を。
美味しかった!お店の方に図書館の場所をきいてお昼まで図書館でお休み。
午後は道後温泉浸かって贅沢三昧でした、うふふ

今治?道後温泉の旅 - 2010.10.22 Fri

道後温泉本館は週末なのか、いつものことなのか
大勢の観光客の方がきていました。

P1000300_convert_20101021220606.jpg

お宿でゆっくり温泉につかり、食事をすませた後
商店街へと繰り出しました。

道後温泉本館は、昼にもましてたくさんの人になっていました。

近くには「坊ちゃん」の登場人物達と写真が撮れるようになっています。

P1000319_convert_20101021220621.jpg

P1000324_convert_20101021220637.jpg

道後温泉駅の前には
坊ちゃんカラクリ時計がありました。
道後温泉本館の振鷺閣をモチーフにした時計で、
小説「坊っちゃん」の登場人物が現われます。
お隣には、足湯もありました。
道後温泉には、12ヶ所で足湯、手湯が利用できるそうです。


P1000322_convert_20101021220649.jpg

翌日は、子規記念館や坂の上の雲ミュージアムを回り
名物とよばれる坊ちゃん団子や労研饅頭などを
お土産に帰路につきました。

P1000333_convert_20101021220708.jpg P1000332_convert_20101021220723.jpg

高知自動車道が2車線だった頃に高松に出かけ
トラックに後ろにピタリとつけられた上に
トンネルで激しくクラクションを鳴らされて以来
高速道路の運転が怖くてできなくなっていましたが
何とか松山往復を走破することができました。
ナビがあるのに、徳島自動車道に入りかけた時にはどうなることかと思いましたが。。。

これを機会にまたいろんなところに行けたらいいなぁと思います。


ふなやのお料理 - 2010.10.21 Thu

お部屋について荷物を置いて一服した後、お風呂につかりました。
お風呂は、とても広くてゆったりしていました。
そんなに熱いお湯ではないのでゆっくりつかれます。
外がまだ明るいせいなのか、道後温泉本館のお湯にいっているのか
浴場はそんなに混んでいませんでした。

露天風呂もあって、外人さんに
「こんにちは」と声を書けられたのに緊張してしまって返事をするのがやっと。
どこから来たのか?とかお話をすればよかった。

お風呂から上がっていよいよお楽しみの会席料理です。
食前酒の桂花陳酒(キンモクセイのお酒)から始まりました。

P1000309_convert_20101019231800.jpg P1000310_convert_20101019231820.jpg
P1000311_convert_20101019231836.jpg P1000313_convert_20101019231910.jpg
P1000312_convert_20101019231849.jpg P1000314_convert_20101019231932.jpg
P1000315_convert_20101019231949.jpg

EPSON006_convert_20101021190549.jpg


朝食です。さすが愛媛。みかんの生ジュースがついて来ました。
(写真では、横にかすかにしか写ってないけど。)
手作り豆腐がことのほか美味しかったです。
P1000330_convert_20101019232857.jpg


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

すももと小夏

Author:すももと小夏
すもも:食べるの大好き!!
小夏:花と家庭菜園、ときどきハンドメイド♪

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

グルメ (207)
高知 (447)
お遍路 (167)
家庭菜園 (89)
簡単料理 (87)
お菓子 (121)
手作り (44)
旅行 (100)
北欧 (21)
別府・由布院 (10)
淡路島 (6)
愛媛 (8)
京都 (11)
自家製 (20)
花・木 (166)
パスタ (24)
パン (16)
ハンドメイド (59)
日々の徒然 (455)
映画 (28)
未分類 (296)
鳥取 (8)

月別アーカイブ

来てくれてありがとう !!

Thanks! your access !!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード